www.psychologyofscience.org

多様にある融資の審査の切り口から比較してみると、その基準もまた多種多様であることがわかります。キャッシングと口々にいっても、銀行であったり大手の会社であったり、また闇金融などが存在し多様です。それらを比較した時、明らかに、審査基準がゆるい会社通りづらい会社というものに分かれてしまいます。まず初めに、合わせてキャッシングする件数は、三社が判定の基準です。キャッシングをしている業者が三社以内で、お金の融資をしてもらっている金額が年間の収入の3分の1以下であれば、金融機関であっても審査項目をパスする可能性は高いといえます。金融機関はどの業者よりも金利が低めに設けていますので、ご利用するということであれば金融機関系がお勧めです。キャッシング件数がもし融資を受けている件数が四件を超えている場合、銀行は難しくなるはずです。しかし、2006年からできた制度の出資法等や貸金業規制法の法改正により、利息の上限が引き下げられ、金融機関系では手続きが難しくなってきている傾向にあるはずです。銀行系でも、より一層審査項目に関しては通りづらくなるはずです。審査基準の甘い会社と有名な企業でも、なりふり構わず審査依頼するればよいというわけでもありません。もしも、前にその企業において情報を調べずに申込みをし、審査に通過しなかった時は、その審査項目は個人信用情報機関に登録され、信用情報機関に保存されるのは三ヶ月から六ヶ月なのです。その時間、個人信用情報機関の情報が汚れてしまうことになります。汚れたからといってただちに借りられないわけでもありませんが、その記録を見る業者の審査項目には、自然に、なんかしらの影響があるといっていいでしょう。大方通りやすいといわれる審査項目を行う会社でも、個人信用情報機関に個人記録が登録されるいることにより借りられなくなる場合も起こるかもしれないのです。

Link

Copyright © 1996 www.psychologyofscience.org All Rights Reserved.