www.psychologyofscience.org

外国為替証拠金取引というのは資金を預けてその額の最大25倍もの外為を売買可能なやり取りです。通貨の価値をジャッジして売る方と買う方がどちらでもできるようになっているシンプルな内容です。あたかもルーレットの番号が国々を示していてチップの賭け方次第で比率が変化するように思うかもしれません。しかしながら「1$=?100」となったり99円や101円に変わって行くのは、それぞれの国の経済情勢や政治状況などいろんな状況がきっかけとなります。そういった理由からFXは賭けではなく経済に関する知識を得ることが必要となります。裏返しに見るとしっかり基本的なことを得る努力さえしていればどういう情勢にもかかわらず時期がめぐって来るはずです。世界の国々でたくさんの種類のお金が流通していますが、米国の$(アメリカドル)とか、欧米の統一貨幣になった?(ユーロ)我が国の円は売りと買いの数量が多く、イギリスの英ポンド、オーストラリアのオーストラリアドル等が特に利用されています。マイナーな金のイスラエル国のシェケル、サウジアラビア王国のサウジアラビア・リヤル、ハンガリーのフォリント、チェコ共和国のコルナ、ポーランドのズロチ、ラトビア共和国のラト、スウェーデンのクローナ、などの通貨も取引できるのです。各国の為替は人間としての心境も込めると、たくさんの変化する要因が存在します。例えると、トルコ共和国においてテロが勃発したことから秩序が悪くなった話題が入ることにより、リラの為替のレートがすごい勢いで落ちたりすることがあります。マーケットの状況について、上がって行くと見込めば買いポジション、下降気味だと推測すれば売る方を待ち、価格の動きを読みます。ただし、外国為替証拠金取引にはスワップ金利(異なる通貨間の金利格差)等の中期から長期で運用する方策もあり、細かい情報を入手していなくても収益を得られる方も多いです。決められた各銀行の少しばかりの利息を貯めるよりも、FXというのは自ら考える資産の管理を実現させる経済動向を意識せざるを得ないものとも言えます。

Link

Copyright © 1996 www.psychologyofscience.org All Rights Reserved.