www.psychologyofscience.org

民事再生は住宅のためのローンもある多重債務に苦しんでいる債務者を対象として、マイホームを維持しつつも金銭的にやり直すための法的な債務を整理する方法として利用できるようになった選択肢です。破産宣告みたいに免責不許可となる要素はないので、浪費などで借金をしたような場合でも民事再生手続きは可能ですし、自己破産をすると業務禁止になる可能性がある業種で収入を得ている人でも制度の利用が行えます。自己破産では住んでいるマンションを対象外にすることは許されませんし他の債務処理方法では、借金した元金は完済していくことが必要ですので住宅のローンも払いながら払っていくことは多くの人の場合簡単なことではないでしょう。しかしながら、民事再生による処理を採用することができれば、住宅のローン以外での負債は少なくない金額を減額することも可能ですので、余裕を持ちつつ住宅ローンなどを支払いながら残った債務を支払い続けるようなことができるというわけです。ただ、民事再生という方法は任意整理による手続きや特定調停等とは違って一定の借り入れを除外して処理をすることは考えられませんし、破産申請においてのように負債自体がなくなってしまうということでもありません。また、別の方法と比べると簡単には進まず手間が必要ですので、住宅ローン等を持っていて住宅を手放すわけにはいかないような場合等以外の、破産手続きなどそれ以外の選択肢がない際の最終的な手段としておいた方がいいでしょう。

Link

Copyright © 1996 www.psychologyofscience.org All Rights Reserved.