www.psychologyofscience.org

外国為替証拠金取引(FX)というのは決まった額の証拠金を預けて、その金額の最大25倍までの国際の為替を交換可能な取引のことを言います。金の為替を判別して売る側も買う側も両方可能なシンプルな方法になります。ルーレットの数字が各国を意味し、値で割合が動くように思ってしまうかもしれません。しかし、「1ドル=?100」の時もあったり、99円とか101円に変動する原因は、国の経済指標や政治の情勢等の様々な事柄が根本になります。そんなわけで、FX(外国為替証拠金取引)というのは賭けなのではなく経済情勢の知識を得ることが必須です。反対から言えばまじめに基本的なことを得る努力をしていたら、どういう局面であろうともまたとない機会が生まれて来るものです。各国々でたくさん通貨が使用されておりますがアメリカ合衆国の$(アメリカドル)やヨーロッパの共通の貨幣となった?(ユーロ)、日本の円の売買が多数あり、イギリスの英ポンド、オーストラリアのオーストラリアドルなどがあります。それほど流通していない金のロシアのルーブル、サウジアラビアのサウジアラビア・リヤル、スロバキアのコルナ、ノルウェーのノルウェー・クローネ、ポーランドのズロチ、スウェーデンのクローナ、などの通貨も取引することができます。各国の為替相場は人々の気持ちも含めると、多様な変化していく要因があります。例えると、トルコ国内において爆弾テロが発生してしまったことが原因で治安が悪化しているニュースが耳に入ることで、トルコリラのレートが急に下降することがあります。市場の状況において、上がると予測すれば買いポジション、下向きだと見通しを立てれば売りを待ちつつ価格の動向を読みます。だが、FXにはスワップ金利などと呼ばれる短期間ではなく売り買いする策があるため、たくさんのデータを持たなくても儲けを得られた場合が多くあります。ある程度決まった各銀行の少しの利子に期待するよりも、外国為替証拠金取引とはポジティブな資産増加を可能にする経済情勢を意識させる金融商品だと言っても良いでしょう。

Link

Copyright © 1996 www.psychologyofscience.org All Rights Reserved.