www.psychologyofscience.org

一般にはクレカの上限金額が自身が日々使う以上に多くなっているとユーザーは大丈夫だと勘違いして必要よりもカードで払ってしまったりするようですね。こうしたクレジットカード乱用を抑制するようにカードの最高額を自主的に減らし気味にしておこうという提案が、これから提案する本文の主な考え方です。限度額の引き下げ方…カードの月ごとの限度額を引き下げるとは、カードの限度額を上げることといっしょで、大変便利です。カードの裏面に載っている専用窓口に電話をかけて、「月ごとの限度額をもっと低くしたい」というふうに相手に指示するだけです。普通ならば現状の限度額より低ければ、込み入った審査なしですぐに限度額の変更が終わります。利用限度額を少なくしておくのは危険を避けることへと結びつく◎クレジットカードの上限のコントロールは、自分をセーブできるというようなメリットのみならず被害に遭わないようにすることにもつながります。もしも、財布の中のクレカが紛失等により乱用されるトラブルでも、クレカの月ごとの限度額を少なめにコントロールしていたなら実害を最小限にとどめるようにできるからなのです。心配する必要はないけれどもし仮にカードが勝手に使用された問題が発生しても保有者に明らかな過失と思えるものがなければ盗難保険として知られるカード保険が契約者をフォローしてくれるわけだから心配はないんですが、もしもの時のために月ごとの限度額は減らしておいたら万全でしょう。使いもしない上限額は百害あって一利なし・・・なんです。

Link

Copyright © 1996 www.psychologyofscience.org All Rights Reserved.